前へ
次へ

不動産売買をおこなう場合

不動産売買を行う場合は、間に業者に入ってもらう方法と、直接購入者と売買契約を結ぶ方法などがあります。
直接購入者と契約を結ぶ方法で個人間売買と呼ばれており、自分たちで金額を設定できるメリットがあります。
仲介手数料も発生せずに、消費税もかからないので物件価格を抑えることも可能です。
しかし、瑕疵担保責任など、責任の範囲などを決めるのはかなり時間がかかってしまうし、何より自分で買主を見つけなければなりません。
その点不動産業者に仲介に入ってもらう形での売買に関しては、買主を自分たちで探す必要はありません。
もちろん交渉も自分たちでおこなう必要はなく、業者によっておこなってもらえるので、手軽だというメリットもあります。
また複数の業者に査定してもらえば、最も高額な値段での取引もできるようになるので、利用するメリットは十分あると言えます。
プロに相談できるので、初めての人でもスムーズな不動産取引がしやすいので、業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

Page Top